診療内容

  • 駒柵脳神経外科
  • 診療内容

診療内容

脳神経外科

脳神経で診られる一般的な症状

頭痛・めまい・しびれ・手足の脱力感・話しにくい・けいれん・高血圧・目が見えにくい・意識消失・頭部打撲・顔面麻痺・物わすれ・のみこみにくい・歩行困難(真直ぐに歩けない、ふらつく)・不眠・臭いや味(酸味、からみ、甘味)がよくわからない・認知症が心配・・・など

診療室

このような症状の方はご相談をしてください。 次のような検査を行います。

<MRI>

当院のMRI装置は、高磁場の1.5テスラMRI装置で、低磁場の装置に比べ、高度な検査を行うことが可能です。
これにより、高画質な画像や撮影時間の短縮等より良いものを患者様に提供することが出来ます。
また、県内の1.5テスラMRI装置の中で一番短いマグネットを使用しており、従来のMRI装置に比べ開放感のある装置で、閉塞感を軽減することが出来ます。

MRI

<CT>

当院の高性能ヘリカルCTは、患者さんに苦痛を与えず安全に短時間で精密な検査が行える画期的なCTです。従来のCTに比べてより多くの情報が得られます。
また、3次元画像表示により複雑な血管走行や病変形態が容易に把握出来るようなりました。

CT

<セクリスト 高気圧酸素治療装置2500B>

当院の高気圧酸素治療装置は、相互同時通話システムにより操作者と患者様が対話でき安全に治療が出来ます。 また、装置には心電計、血圧計、経皮的酸素分圧計など生体監視モニターや輸液ライン等が接続できるので、従来の1人用高気圧酸素治療装置では成し得なかった重症患者さんへの高度な治療を行うことが可能となりました。

セクリスト 高気圧酸素治療装置2500B

<その他>

超音波(エコー)・脳波・X線撮影・採血・血管撮影・記憶検査(認知症検査)…など

充分な検査診察の結果、治療が必要となれば通院、入院にて治療をおこない 早期発見治療に努めます。

リハビリテーション科

施設基準

脳血管疾患等リハビリテーションⅡ
(運動器疾患等リハビリテーションⅡ)

スタッフ

医師
看護師
理学療法士…3名
作業療法士…2名
言語聴覚士…1名
リハビリ室アシスタント…1名

リハビリ室

当リハビリテーション科の特徴

  • ・脳血管疾患発症後、患者様の状態に応じて早期より評価・治療・訓練を開始いたします。
  • ・リハビリテーション室での機能訓練だけでなく、退院後の生活を想定した援助や病棟生活場面への関わりも行っております。
  • ・急性期の脳血管疾患だけでなく、肩こり・めまい・顔面神経麻痺などに対しても、運動療法・温熱療法・電気療法(高周波・低周波)・牽引療法などを行っております。
  • ・リハビリテーション部では、平成21年4月1日よりスタッフ増員いたしました。
    (PT2名、OT1名追加)これまで以上の治療・訓練の充実を目指します。

リハビリ室

受付・面会時間

受付時間/
8:00~12:30
13:30~16:30
※木・土は午前のみ
面会時間/
13:00~20:00
休 診 日 /
日曜・祝祭日

外来診療予定カレンダー

アクセス

宮崎県宮崎市恒久5丁目11番地1

お問い合わせ

お気軽にお問い合わせ下さい。

0985-53-0119
受付時間 8:00〜16:30 日曜・祝祭日除く
  • 一緒に働いてくれるスタッフ募集中です
  • 駒柵脳神経外科ブログ
  • ライフセラピースペース ポルト

※当院へのご質問やご意見は、直接お問い合わせ下さい。 尚、病院内には「ご意見箱」が設けてありますので、ご利用下さい。

トップ先頭へ